ひとめぼれQ&A

ひとめぼれQ&A

Q1 通気性はあるのですか?
A 浸透タイプで通気性があり、塗っても木の香りを損ないません。
木が呼吸します。
Q2 ニスやウレタンのように膜が張りませんか? 又、めくれてきませんか?
A “ひとめぼれ”は浸透タイプですので膜は張りません。したがってめくれる心配がありません。被膜タイプは塗った当初はきれいですが、後日めくれ非常に汚くなり剥がすのに困ります。(外部は特に)“ひとめぼれ”は自然の風合いを保ちます。
Q3 塗りむらはないでしょうか?
A ご心配なく浸透タイプで膜は張りませんので、ハケむら・塗りむら等はありません。したがってどなたでも「簡単」に「早く」塗れます。
Q4 塗る時期はいつがよいでしょうか?
A 塗る時期は現場によりさまざまですが、現場にもっていく前に塗布してあれば、工事中に汚れたりしないで済むし、塗布作業も簡単にできます。(工事現場での手あか、左官工事のシミ、養生紙の破れによる日焼けむら等も防ぎます)
Q5 “ひとめぼれ”で日焼けやカビを完全に防ぐことは可能ですか?
A 現状では100%シャットアウトすることは不可能です。日焼けを遅らせる、カビを生えにくくするという効果があります。

●汚れの付着の進行度合いについては、猛暑や長雨などの天候・気象条件・水平面と垂直面の違い、
 木材の材質・現場立地条件などに応じてバラつきがあります。