アクティブドライQ&A

床下用調湿炭 アクティブドライQ&A

Q1 アクティブドライの耐用年数はどのくらいですか?
A 木質炭素は化学変化が少なく、袋の中身のアクティブドライは半永久的です。
また袋は湿気をよく通す特殊な不織布で出来ており大変丈夫で長期間使用できます。
Q2 1坪に何袋必要ですか?
A 最低でも6袋は敷設して下さい。湿気がひどい場合は袋の数を増やして下さい。湿気が多い場所や次のような場所には8〜12袋を敷設することをお勧めします(水廻り、風通しが悪い場所、北向き部屋等)。1袋は45×60cm(厚み6〜7cm)で約7リットルです。
Q3 アクティブドライの炭の粒はなぜ小さいのですか?
A 表面積を広くし、より調湿効果を得る為です(炭のクズではありません)。
Q4 床下のカビの臭いや、水害の後のくさい臭いも取れますか?
A アクティブドライはカビの臭いはもちろん、アンモニアやシンナーの臭いからホルムアルデヒド等の有害ガスの臭いも吸着します。
Q5 湿気をとりすぎ乾燥し過ぎることはありませんか?
A 炭はそれ自体呼吸していて、周囲の湿度が高くなると吸収し、低くなると放出する作用があり、乾燥し過ぎることはありません。
Q6 家の一部分だけの施工でもよいのですか?(台所・風呂場・和室等)
A アクティブドライは一部だけの施工も可能です。家の床下コンクリート基礎で各部屋に仕切られています。仕切られている部分の一つの部屋全体に敷設する必要はあります。
住む人や家全体の害虫対策の効果という点では、アクティブドライを全体に敷設していただくことをお勧めします。
Q7 床下が水に浸かったらどうなりますか?
A 例えば、水害などで床下のアクティブドライが水に浸かっても水が引けば水分を放出して、元通りに効果を発揮いたしますし、床下も早く乾きます。風通しのよいところに干して乾かすことにより、より早く能力が回復します。

※平成12年の東海豪雨で効果を発揮しました。

Q8 一般の床下用木炭と能力が違うのはなぜですか?
A アクティブドライは備長炭をはじめとした木炭と比べるとはるかに高い吸湿性・吸水性があります。それは粒子内部の気孔率が備長炭では10〜30%であるのに対し、アクティブドライは70〜80%あることに起因します。
Q9 シロアリの駆除をするのと、どのように違いますか?
A アクティブドライは、部屋、床下の湿気を吸着することによりシロアリやダニ等の害虫が家の中や床下に住みにくい環境を作ります。
Q10 安全性はどうでしょうか?
A 炭が体にいいのはよく知られています。アクティブドライは国内産のバージン木のチップと天然セラミックを混練り焼成して炭化した“高級炭”です。
※建築廃材は使用していません。(種々の防腐剤・塗料・接着剤が付着している建築廃材を燃焼・炭化させた場合、長期的にどのように作用するか分かりません)
また、セラミック活性炭の袋に使われている不織布はオレフィン系の高強度な素材で、食品の包装にも使われている安全性の高い素材です。(食品衛生法厚生省告示第20号適合品)
Q11 雨天の時でも効果がありますか? また吸った湿気はどうなりますか?
A 実験の結果、アクティブドライ1袋で、自重の約5倍の水分を吸収して内部に溜める能力を持っています。雨天時は外気と床下の湿度も同じになり気圧の変化もなく放出できませんが、湿気を吸収する能力はかなりの時間持続しますので、周囲の湿度は良好に保たれます。そして天気になると溜めていた湿気は外部の湿度が下がることにより外部に吸い出される様に放出します。
Q12 脱衣所の床板がいつも湿っている感じがするのですが効果はありますか?
A アクティブドライが湿気を吸うことにより、脱衣場の床板を乾かす手助けをします。
Q13 既存住宅にも効果がありますか?
A もちろんあります。リフォーム時に合わせて施工すれば尚ベストです。
Q14 既存住宅の洋間やフローリング部分にはどのように敷設するのですか?
A 洋間や廊下等はフローリングのため、直接床下に潜ることはできませんが、和室の部屋の畳をめくるか、台所の床下収納納庫から潜って目的の床下に簡単に行けます。
また、アクティブドライは従来の木炭に比べ軽いため作業が楽にできます。(1袋の重さが1kg・容量7リットル)
Q15 床暖房との相性は?
A 床上と床下の温度差による結露での湿気を除湿しますのでアクティブドライを床暖とセットで使用される方が増えています。